フランス映画で気になる壁面収納を発見!

フランス映画を観ているとインテリアが本当に素敵で、
こんな部屋に住んでみたい、としみじみ思います。
つい先日映画を観ていたところ壁面収納が気になったのでご報告します。
まず色合い。
もちろん白が基調となりますが、フレンチシャビーという言葉もあるように、
少し古めかしくて褪せた感じのある白にすると雰囲気が出ます。
そこに余裕を持って本や雑貨などを置く。
余裕を持ってというところがポイントです。
白色を活かし、置く物の色とのコントラストを楽しみます。
また収納というと、棚を置くことをまず考えてしまいますね。
そうではなくて物を壁にかける、飾る、というのも収納なんだと意識すると
いつもと少し違った素敵な部屋になりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です